×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  美味しい珈琲の淹れ方

美味しい珈琲の淹れ方

1.新鮮でよい豆を選ぶこと

コーヒー豆は焙煎後2~3週間すると、油分が酸化して香りや風味が落ちてきます。
焙煎したての新鮮な豆を使いましょう。飲む直前に挽くのがベストです。
豆の挽き方は、細かいと苦く、粗いとすっきりと淹れられます。

2.水と豆の分量

分量の目安

1杯…豆:10~12グラム 水:150~180cc

3.適切な水の選び方と、お湯の温度

浄水器を通した水道水か、軟水のミネラルウォーターを使ってください。
お湯の温度は80度~85度。
沸騰したお湯をコーヒーポットに移すだけでも、すぐ90度位になります。蓋を開けて、1~2分待つと丁度良い加減になります。

ペーパードリップ抽出法

ペーパードリップ抽出法

コーヒーフィルターの側面を折り、次に底の部分を側面と逆の方向に折り、ドリッパーに密着させる。

ペーパードリップ抽出法

粉を入れ、ドリッパーを前後にゆすり、水平にならす。

ペーパードリップ抽出法

80~85度のお湯を粉全体に染み渡らせる。

ペーパードリップ抽出法

20秒~30秒むらす。

ペーパードリップ抽出法

中心から「の」の字を書くように、ゆっくり細くお湯を注ぎいれる。
ペーパーフィルターの方にはかからないように注意する。

ペーパードリップ抽出法

お湯が落ちきる前に注湯を繰り返す。
湯面を2回目の注湯よりも上げないようにする。
定量になったらドリッパーをはずす。

ペーパードリップ抽出法

サーバーを火にかけ少し加熱し、あたためておいたカップに注ぐ。